日本婦人科病理学会からのお知らせ

日本婦人科病理学会Japanese Society of Gynecologic Pathology (JSGYP)は、わが国における産婦人科領域の病理診断の水準を向上させるため、その教育・研究・広報などに寄与することを目的としています。

本学会の会員はこの目的を理解し、活動に参加できる者としていますが、原則として医療従事者と関連分野の学生を対象としています。

病理医、産婦人科医、臨床検査技師のみならず、婦人科病理に関心をお持ちの医療関係の皆様のご参加をお待ちいたしております。

なお、国内では年2回の学術集会、その他、日韓台婦人科病理合同会議が各国の持ち回りで開催され、さらに日本婦人科腫瘍学会におきましても症例検討会を共催しております。


第46回日本婦人科病理学会学術集会のお知らせ

学術集会長 名方 保夫 先生からのあいさつ

名方保夫

第46回日本婦人科病理学会学術集会(会場;大阪府高槻市、愛仁会看護助産専門学校)をお世話させていただくこととなりました。本学会の前身でもあります第8回および第20回婦人科病理研究会を兵庫医科大学でお世話させていただきましたが、今回は第45回の本学会学術集会長をつとめられた手島伸一先生に続いて市中病院の病理医が担当させていただきます。しかし愛仁会千船病院が、本年7月3日に新築移転開業を控えております関係で、愛仁会グループの上記施設を会場とさせていただきました。

今回は、本学会の渉外担当理事をつとめられており、また7月27日から3日間の予定で熊本市において第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会を開催される熊本大学の片渕秀隆教授に、OSEとSTICの間で揺れる卵巣癌と題して特別講演をお願いしております。また教育講演として、今回の主題である、子宮頸部胃型粘液性癌とその関連病変について、WHO2014組織分類やまもなく発刊される子宮頸癌取扱い規約、病理編第1版の編集に尽力され、この分野の第一人者である熊本大学の三上芳喜教授にお願いをいたしました。さらに今回の学術集会は愛仁会グループ産婦人科講演会・合同カンファランスとの共催とさせていただき、千船病院放射線科の前田哲雄部長に放射線診断医の立場からもご講演をいただきます。

時候も梅雨ということで、お天気も気になりますが、人気観光地京都へも至近距離ですので、多数のご参加をお待ちしております。

最後に本学術集会の開催にあたり、愛仁会法人本部とりわけ総務部および学術部に多大のご支援をいただいておりますことに深謝申しあげます。


愛仁会 千船病院 病理診断科
名方保夫


更新情報・お知らせ

第46回日本婦人科病理学会に関する情報を掲載しました(トップページ・学術集会情報)。
第21回日韓台婦人科病理合同会議に関する情報を更新しました(学術集会情報)。
第45回日本婦人科病理学会に関する情報を更新しました(学術集会情報)。
第45回日本婦人科病理学会に関する情報を掲載しました(トップページ・学術集会情報)。
第44回日本婦人科病理学会のプログラムを掲載しました(学術集会情報)。
資料集を更新しました。
トップページ、学術集会情報を更新しました。
学術集会情報を更新しました。
第43回日本婦人科病理学会は大盛況のうちに無事終了いたしました。
「内膜LBCワークショップの申込み」は、平成27年12月11日(金)をもって終了致しました。
第43回日本婦人科病理学会学術集会の情報(学術集会情報、PDFファイル)を更新しました。
トップページ・学術集会情報を更新しました。
第43回日本婦人科病理学会学術集会に関する情報更新を行いました。
学術集会情報を更新しました。
ホームページを更新しました。
ホームページアドレスを変更しました。
スマホ、タブレット表示に対応しました。

↑ PAGE TOP