日本婦人科病理学会からのお知らせ

日本婦人科病理学会Japanese Society of Gynecologic Pathology (JSGYP)は、わが国における産婦人科領域の病理診断の水準を向上させるため、その教育・研究・広報などに寄与することを目的としています。

本学会の会員はこの目的を理解し、活動に参加できる者としていますが、原則として医療従事者と関連分野の学生を対象としています。

病理医、産婦人科医、臨床検査技師のみならず、婦人科病理に関心をお持ちの医療関係の皆様のご参加をお待ちいたしております。

なお、国内では年2回の学術集会、その他、日韓台婦人科病理合同会議が各国の持ち回りで開催され、さらに日本婦人科腫瘍学会におきましても症例検討会を共催しております。


更新情報・お知らせ

第22回日韓台婦人科病理合同会議のご案内を掲載いたしました。NEW
第21回日韓台婦人科病理合同会議症例検討のバーチャルスライドのご案内を掲載いたしました(学術集会情報)。
第47回日本婦人科病理学会に関する情報を掲載しました(学術集会情報)。
第21回日韓台婦人科病理合同会議に関する情報を更新しました(学術集会情報)。
第46回日本婦人科病理学会に関する情報を掲載しました(トップページ・学術集会情報)。
第21回日韓台婦人科病理合同会議に関する情報を更新しました(学術集会情報)。
第45回日本婦人科病理学会に関する情報を更新しました(学術集会情報)。
第45回日本婦人科病理学会に関する情報を掲載しました(トップページ・学術集会情報)。
第44回日本婦人科病理学会のプログラムを掲載しました(学術集会情報)。
資料集を更新しました。
トップページ、学術集会情報を更新しました。
学術集会情報を更新しました。
「内膜LBCワークショップの申込み」は、平成27年12月11日(金)をもって終了致しました。
第43回日本婦人科病理学会学術集会の情報(学術集会情報、PDFファイル)を更新しました。
トップページ・学術集会情報を更新しました。
第43回日本婦人科病理学会学術集会に関する情報更新を行いました。
学術集会情報を更新しました。
ホームページを更新しました。
ホームページアドレスを変更しました。
スマホ、タブレット表示に対応しました。

↑ PAGE TOP